社長ブログ

±20度のチルトセンサ検討

 当社では操業当時からオートコリメータ方式のチルトセンサを販売してきました。
測定範囲は最大で±2.5度(±150分)の製品を販売しております。

 昨年±2.5度より広範囲の測定が行いたい要求があった為、±5度(±300分)の製品を開発、
販売を開始しました。(トピックス_0015)

主な測定用途は
1,手振れ補正機構の測定
2,傾斜ステージ、移動機構の測定
3,MEMS等マイクロミラーの測定
などです。

 最近±5度よりも広範囲の測定が行いたいというご要望が有り、測定光学系の検討を行いました。
検討内容は1ビームで測定、高速且つ限界まで測定範囲を広げた光学センサを実現することです。
オートコリメータは平行光をセンサーから射出し、測定物に反射した光の集光点の距離を角度に
換算する技術であり、1ビームで角度測定が可能、測定距離が異なる場合でも測定値が影響を受けにくい
といった特長があります。(詳しくはトピックス_0016をご覧ください)

 オートコリメータの測定は反射光を使い測定を行いますので、測定対象物がθ傾いていると
反射する光(センサーに戻ってくる光)は2θの角度で返ってきます。従いまして広い角度を測定する
為には大きな開口数を持ったレンズが必要となります。

 開口率を大きくするためにはレンズの径を大きくするか、焦点距離を短くする必要がありますが、
焦点距離=測定距離になるので際限なく焦点距離を短くすることはできません。

 このふたつの要因を最適化した結果、±20度が適当であるとの結論に達しました。
±20度でも開口数(NA)は0.64となり、顕微鏡レンズのような開口数となりました。

(下図参照)

Print

 

 

 

 

 

 

 

 次に高速測定の検討ですが、従来アナログセンサを受光系に用いて各種センサを作製した実績が
あります。この技術を使い±20度の範囲を高速で測定できるチルトセンサの実現めどが立ちました。

<仕様(予定)>
測定項目  :チルト(θX,θY)
測定範囲  :±20度(±1,200分)
分解能   :0.1度以下
測定可能距離:18mm
データ出力 :アナログ出力(±5V)
サンプリング:10,000回/秒
外形寸法  :300×150×60(mm)

ご興味あおりでしたらお問い合わせよりご連絡ください。

修理対応期間の目安

aaa_Infomation

 

 

製品の販売終了後5年間を目安に部品を保有するよう対応しております。
但し、部品調達等の諸事情によりそれ以前に修理対応が不可能に
なる製品もございますので、その場合にはご了承下さい。

各種チルトセンサ生産終了のお知らせ

aaa_Infomation

 
 

平素は格別のお引き立てを頂き、厚く御礼申し上げます。
この度、ソニー社製CCDセンサが生産終了になり、
カメラメーカーよりCCDカメラ生産中止の連絡が有りました。

それに伴い、レーザーチルトセンサーの一部が、
弊社部品在庫が無くなり次第販売を終了とさせて頂くこととなりました。

新しい撮像素子を搭載したレーザーチルトセンサーを開発する所存ですが、
生産に入るまでかなり開発期間が必要と思われます。
それまで、多大なるご迷惑をお掛けする事を、心からお詫びします。

今後採用を予定しているお客様に対しては現状の弊社在庫にて、
出来る限り現商品にて対応させて頂きたいと思いますので、弊社担当にご連絡頂ければ幸いです。

引き続き弊社製品に一層のご厚情を賜りたくお願い申し上げます。

軸外収差測定

スマートフォンのカメラレンズに代表されるマイクロレンズですが、
MTFによる評価法が一般的です。

しかし、光学技術者から言えば収差そのものが知りたいものです。

MTF測定値は像の良し悪しを評価する物であり、実際にそのレンズが
有している性能は収差を評価する必要があります。
このためZygoをはじめとする、波面干渉計が光学開発の基準測定機と
して使われています。

波面干渉計は光軸上の収差測定を行うことについては高分解能であり
大変優れています。しかし光軸外の収差を測定するためには測定物の
セッティングが難しく測定再現性が取れない等汎用性は限られています。

そこで当社では軸外収差も軸上収差と同じ分解能で一度に多点測定が
できる装置の開発を行っています。

reboot

2015年11月20日にホームページをリニューアルしました。
今後ともよろしくお願いします。

ご興味おありの記事、弊社技術でひらめいたことなど
ございましたらお気軽にお問い合わせください。